ミネラルウオーター通信販売/ミネラルウォーターを飲んで健康生活

 
ミネラルウォーターと聞くとどういう水を思い浮かべるでしょうか。

現代の日本人の多くはミネラルウォーターを
少なくとも一度は飲んだことがある人がほとんどです。

恒常的に飲んでいるという方も増えています。

実際現状流通しているミネラルウォーターの
種類の多さや豊富さには驚いてしまいます。

ひとくちにミネラルウォーターといっても商品によって
それぞれ特徴があり成分が異なります。

それを分別する目安の一つに硬度というものがあります。

そもそもミネラルウォーターとはミネラル成分、
つまり具体的にはカルシウム、マグネシウム、
ナトリウム等が溶け込んだ水のことを指します。

そのミネラル成分の含有量を特別な計算式にあてはめ、
得られた硬度という解の高さによって
硬水と軟水という2種類に分けることができるのです。

ところで硬度などと難しい話をするよりも
単純にミネラル成分の量が多い水のほうが健康に
よさそうだと思う方も多いのではないでしょうか。

確かにミネラル成分は大切な栄養素です。

しかしその成分が多く含まれていると味にも
独特のクセや臭いが出てきてしまって飲みにくくなってしまいます。

いくら体に良いナトリウムが多く溶けていても
濃い塩水なんて飲めませんよね。

その為ミネラルウォーターを選ぶ際は含まれる成分だけでなく
自分に合っているかどうかも大切なポイントとなるのです。

大きなくくりでのミネラルウォーターは実にさまざまな種類があり、
日本国内で販売されているミネラルウォーターだけでも
何百種類もあります。

それぞれの含まれているミネラル成分の種類や量が異なり、
その水の硬度などによって味や飲みやすさなど
いろいろな違いがあります。

実はミネラルウォーターは
農林水産省が定めた区分に沿って
大きく4つに分けられます。


これは水の中のミネラルの有無や
ボトリングする際の製造方法の
違いによって分類されています。

http://www.d-flyartstudios.com

ナチュラルウォーター

まず一つ目がナチュラルウォーターです。

地下水等に最低限の殺菌処理しか施していない水で
ミネラルは溶け込んでいません。


ナチュラルミネラルウォーター

次にナチュラルミネラルウォーターとは
ナチュラルウォーターのうち、
土の中のミネラルが溶け込んだものを指します。

また天然の二酸化炭素が溶けこんだ気泡性を有する地下水、
つまり炭酸入りのミネラルウォーターもこれにあたります。


ナチュラルミネラルウォーターを原水として調整した水
3つ目にミネラルウォーターというものを説明すると、
実はナチュラルミネラルウォーターを原水とし、
品質を安定させる目的などのためにミネラルを調整したり
複数の水を混ぜたものを指します。

ナチュラルミネラルウォーターのウォーターサーバーで
有名なのは、アクアクララです。

つまりいわゆる私たちが想像するミネラルウォーターは
実はナチュラルミネラルウォーターであることが多いのです。


ボトルドウォーター
最後にボトルドウォーターは上記以外のものを指し、
最近出てきたアルカリイオン水や海洋深層水、
また蒸留水などがこれにあたるのです。